Scene of Life vol.021 加藤一芳さん
ハンディーアイロン&スチーマー

ツインバード社員がお客様のお宅を訪問してお話を伺うこの企画。第21回目は新潟本社でで開催したFacebookファン限定イベントに2年連続で参加してくださった加藤さんです。

インタビュー
我妻ひとみ
Wagatsuma Hitomi
プロダクトディレクション部

新しいハンディーアイロン&スチーマーを企画中だったので、お話を伺えるのを心待ちにしていました。まだ使い始めてから2ヶ月というのに、もう何十年も愛用しているかのように使いこなされている姿を見て、「私も愛され続ける製品をつくらなきゃ」と身が引き締まる思いでした。

ハンディーアイロン&スチーマー
SA-4086BL SA-4086GR SA-4086OR SA-4086P SA-4086PU SA-4086Y 

身だしなみは人となりが現れるもの。 服のシワには人一倍気を遣っています。

シワのない服を着ると、気持ちが引き締まります。
会社を経営していることもあって、日頃から身だしなみには気を遣うようにしています。最近はうちの会社でもカジュアル化が進んで、スーツ以外の服装で出勤することも多くなりました。ただ、カジュアルな格好は一歩間違えると、だらしなく見えてしまう。お客様に対するマナーとして常に清潔感があるかを意識しています。特に服のシワは目につきやすいもの。ハンディーアイロン&スチーマーを使って、きれいにしてから着るようにしています。シワのない服は見た目がきれいですし、着ると気が引き締まる。毎日を気持ちよく過ごすのに欠かせませんね。

「今日はこれ」と思った服にシワがあっても、落ち込まなくなりました。

夏場によく着る麻のジャケットやネクタイも、これでお手入れしています。家にもともとあるアイロンでシワ伸ばしすると麻のジャケットはピシッとしすぎてしまうし、ネクタイは表面がテカってしまうんです。クリーニングに出すという手もありますが、シワに気付くのは、たいてい「今日はこれにしよう」と思ってクローゼットから出したとき。この製品は出かける前のちょっとした時間にシワ取りができるので助かります。僕のために開発された製品なのではと思うほど生活になじんでいますね(笑)巡るべくして我が家にやってきたものだと感じています。

家電のお困りごと募集中