Scene of Life vol.022 小林敬幸さん
コードレススティック型クリーナー

ツインバード社員がお客様のお宅を訪問してお話を伺うこの企画。第22回目は、ツインバード日本橋ゲートオフィスの1階にある『Gate CAFE』の店長をされている小林さんです。

インタビュー
青木佳
Aoki Kei
プロダクトディレクション部

ご自宅に伺うと小林さんらしい選び抜かれたインテリアの中に、当社のクリーナーが馴染んでいました。この製品のコンセプトは「生活に溶け込み、気付いた時にサッと使える」。ワンちゃんと一緒に、楽しそうに掃除をされる姿を見ていると、開発メンバーと喜びを分かち合いたくなりました。

コードレススティック型クリーナー
TC-E261S 

365日、かわいいコイツの抜け毛と闘っています(笑)。

結論、サイクロン式より紙パック式が正解。
犬と暮らしているので手を抜くと部屋があっという間に毛だらけになるんですよ。特に春と秋の生え替わりの時期は大変。これまでは吸引力重視でサイクロン式を使っていたのですが、ゴミ捨ての時に毛が飛び散ったり、ダストケースにニオイが付いてしまったりと、困っていました。このクリーナーは紙パック式ですがパワーも十分。ヘッドがパワーブラシなので、カーペットに絡まった毛も掻き出してくれます。掃除の後は紙パックごと捨てるだけ。まだ使い始めて1週間ですが、今のところ大満足。長く付き合えそうです。
軽さにびっくり。気がつけば掃除をしている自分がいます。
一人暮らしで、犬がいて、朝から夜まで忙しい。そんな自分にぴったりのクリーナーです。コードレスで手軽な上に、これだけ軽ければ掃除が億劫になりません。毛がたまるソファの隙間もハンディーに切り替えてさっと吸えます。また、デザインも気に入っているので、リビングの片隅に壁掛けできるのもいいですね。おかげで部屋はいつもきれいなまま。コイツ(犬)も、このクリーナーの音が気に入っているみたいで、スイッチを押すとはしゃぎはじめるんですよ。遊び相手をしつつ掃除をするのが定番になっていますね。

家電のお困りごと募集中