ツインバードの強み 価値ある製品を、素早く、小口ロットから。私たちにつくれないものはありません。

企画・開発スタッフが多いのでいろいろな製品がつくれます。

現在、企画・開発スタッフは約70名。全社員の20%相当が企画・開発スタッフということになります。この比率は、日本の家電メーカーの中でも突出した比率と言えるでしょう。ツインバードには、お客様の「あったらいいな」を つくり上げる力があります。

開発スタッフ約20%

小ロットでも
製品化できます。

大手家電メーカーであれば、数万単位のロットでしか開発しないところを、ツインバードなら数千という小ロットでも開発します。 これが社内で企画から試作まで一気通貫で行っている当社の強み。お客様の小さなお声にも耳を傾け、製品化することが可能です。

小さな組織だからできる、
スピード開発。

大手家電メーカーなら、アイデアを通すだけでも相当な手間と時間が必要かもしれません。その点、ツインバードにはコンパクトな組織のメリットがあります。いいね!と思ったら、すぐ製品化に取り組める。このスピード感も強みです。

お客様の声をリアルに
反映できる商品企画。

社内で企画会議をするだけではありません。企画スタッフたちはよく街に出ます。場合によっては、家電量販店の店頭に立ったりもします。お客様と接する機会を多くつくることによって、お客様のお声をリアルに反映した商品企画を立てようとするからです。

すべての製品は、
社員が実際に使ってテスト。

専門的な訓練を受けたスタッフによる製品評価だけではありません。新たにできあがった製品は、社員のご家族にも実際に使っていただいています。使い手の感覚を大切にしたいからです。リアルなモニターテストを経て製品は市場に出荷されていきます。

世界的に知られた燕三条
技術と職人のネットワーク。

ものづくりで世界的に知られる燕三条。世界に誇る先端技術が集積しています。ツインバードの本社はここに立地しています。周辺とのネットワークも強固で、つくれないものは、ない。といっても過言ではありません。

過酷なテストを経て製品化、
安心安全の品質保証。

スイッチひとつを取っても何万回もテストを繰り返します。通常ではあり得ないほどの過酷な使い方まで想定して、耐久性を調べます。徹底的にデータを取り反映します。ツインバードの製品は店頭に並ぶまでの間にずいぶんと鍛えられているのです。

コールセンターを本社の中に設置。
お客様のお声をどこよりも大切にしています。

ツインバードのコールセンターは本社、それも商品開発部のすぐ近くにあります。そのためお客様からいただいたお声は、すぐさま製品開発にフィードバックできるのです。電話の向こうのお客様と同じ製品を手に取りながら、丁寧に応対します。

新たな情報発信拠点
新・東京オフィス完成。

2015年春、東京日本橋にたくさんのアイデアが詰め込まれた「ツインバード日本橋ゲートオフィス」が完成しました。ショールームを始め、報道機関向けのプレスルームやフォトスタジオなど、 情報発信力を高めていくための設備が整いました。これからこの場所を活用してお客様との絆を強めていきます。

アイデアをお聞かせください。
体験型ショールーム開設。

東京オフィスの1・2 階に設けられたのは全国でもめずらしい体験型ショールーム。ここでは料理教室やモニターミーティングなどさまざまなイベントが計画されています。お客様が実感されたことや、製品のアイデアをダイレクトにお聞かせください。すぐさま製品開発に活かしていきます。

家電のお困りごと募集中