EH-4686 / EH-DF86型 のよくあるご質問と回答 をまとめております。
お問い合わせの前に一度ご覧頂けましたら幸いです。

EH-4686 / EH-DF86型 のよくあるご質問と回答

Q
【仕様】EH-4686とEH-DF86との違いは?
Q
【仕様】温度の調節は可能ですか?
Q
【仕様】調理後のオレンジのランプが消えない。
Q
【材料】氷砂糖ではなくグラニュー糖でも作れますか?
A
機能は共通ですが、カラーリングと価格設定、販売ルートが異なります。EH-4686は10,000円(税抜)でホワイト×シルバーのカラーリング。EH-DF86Gはオープンプライスで、ホワイト×シャンパンゴールドのカラーリングです。
A
温度を調節する機能はついていません。保温温度は50℃で、固定です。
A
自動では消えません。調理後はコンセントを抜いてください。
A
グラニュー糖は氷砂糖に比べて溶けるのが早く、果実の成分を抽出させる効果が低くなってしまいます。グラニュー糖を使う場合は日を分け、数回に分けて投入していただくなどの工夫が必要となります。
Q
【材料】氷砂糖のかわりにはちみつでも作れますか?
Q
【レシピ】甘酒を作りたいがレシピブックに記載がありません。
Q
【レシピ】米麹だけで甘酒は作れますか?
Q
【レシピ】甘酒の量を倍にできませんか?
A
フルーツビネガーメーカーは氷砂糖の溶解による浸透圧の変化を利用しているため、最初から液体になってしまっている蜂蜜ではその効果が得られず、24時間では抽出が進まない恐れがあります。味付けとしては使用できますが、氷砂糖全体の10%程度からお試しください。
A
レシピブック17ページ掲載のフルーツ甘酒でフルーツを入れなければ普通の甘酒になります。
【材料】白ご飯:100g、米麹:100g、熱湯:150ml、水:50ml
【作り方】①ガラスボトルに熱湯150mlと水50mlを入れて混ぜ、60℃のお湯にする。②①に熱い白ご飯を入れて混ぜる。③米麹をよくほぐしてから②に入れよく混ぜ、本体にセットする。④完成した甘酒は、粗熱を取って冷蔵庫に保存し、1週間以内に飲みきる。
A
作れます。甘酒の作り方を参考に、材料を米麹:150g、60度位のお湯:250mlに変更して、24時間セットしてください。
A
容量がオーバーするため、レシピブックの量でお願いします。
Q
【レシピ】ヨーグルトは作れますか?
Q
【レシピ】レシピ以外の分量で作るとき、材料はどのくらいまで入れられますか?
Q
【レシピ】お勧めの酢の種類は?
Q
【レシピ】できた甘酒の表面に膜が張っています。
A
保温温度は50℃です。ヨーグルトの発酵はヨーグルト43℃程、カスピ海ヨーグルト27℃程のため、うまく作ることができません。
A
容器の一番細いくびれ部分(約600ml)までを目安としてください。
A
<酢の種類>
・穀物酢 もっとも標準的なお酢。何にでもよく合うので、最初はこちらを使うと良い。
・米酢 穀物酢に比べて酸味が強いのが特徴。ドレッシングなど酢を直接食べるような用途におすすめ。
・黒酢 酢をより長時間発酵させたもので味が強く、風味も深いのが特徴。 独特の風味があるので黒酢の味が好きでなければフルーツビネガーには不向き。
・りんご酢 りんご果汁を主原料にしたお酢で、独特のりんごのような香がついています。
<お勧め>
基本的には穀物酢をお勧めします。より酢の味を感じたいときや、ドレッシングとして野菜にかけて使う場合、あるいはショウガなどを漬け込んで食べる酢として作るなら米酢がお勧めです。黒酢は独特の風味がありますので、味がお好みでなければお勧めいたしかねます。りんご酢は作ろうとするフルーツビネガーの香りと混ざりますので、お勧めしかねます。
A
産膜酵母という膜です。気になる場合はスプーン等ですくって捨てて下さい。人体には無害ですので、混ぜ込んで召し上がっても大丈夫です。←[プロダ]要確認。ネットで調べた限り、このような返答になりそうです。
Q
【レシピ】冷凍フルーツは使用できますか?
Q
【レシピ】 氷砂糖の量を減らしてもいいですか?
Q
【レシピ】塩麹は作れますか?
Q
【レシピ】甘酒を作ったら、酸味があります。大丈夫でしょうか?
A
冷凍フルーツでも調理できますが、生のフルーツに比べ、色が濃く出たり、濁ることがあります。
A
果実:酢:氷砂糖が1:1:1の割合がお勧めです。氷砂糖を減らすと果実のエキスの抽出が少なくなりますが、
できあがりの様子を見ながらお好みで減らしてください。
A
【甘酒から作る方法】
①甘酒を作ります(レシピブック17P参照)
②できた甘酒に50gの塩を加え、よく混ぜます。
③そのままでは味がなじんでいないため、冷蔵庫で2~3日、時々混ぜながら保存します。
④角が取れてまろやかな塩麹になります。
----
【米麹と塩で作る方法】
①米麹200gと塩70gをよく混ぜます。
②ひたひたになるまで60度のお湯を注ぎます。
③ビネガーメーカーで24時間加熱します。
④米麹が固そうでしたら、ビネガーメーカーに再度セットして、スイッチをONにして、麹の様子を見ながら、追加加熱します。
A
甘酒の酸味は発酵が進みすぎた場合に生じるもので、味の変化はありますが、 悪影響はありません。
酸味が出にくくなる為の方法として、・出来上がったら早めに粗熱を取る(余熱での発酵を抑える為)・
飲むまでに時間が空くときは鍋で沸騰寸前まで加熱して冷ます(酵素の働きを止める為)といった対処方法があります。
Q
【使い方】24時間後に自動で電源が切れますが、その後すぐに本体から取り出した方がいいですか?
Q
【使い方】氷砂糖が24時間で溶けませんでした。
Q
【使い方】できたフルーツビネガーの保存方法、賞味期限は?
Q
【部品購入】ガラスボトルはふたは追加で購入できますか?
A
直後は50℃程になっているので、冷ましてから冷蔵庫で保管してください。
A
果物や氷砂糖の大きさにより、溶けない場合があります。大きな氷砂糖を使う場合は1cm程度に細かく砕いてください。また24時間加熱後に氷砂糖が溶けていなければ、様子を見ながら、混ぜたり時間を延長してください。
A
調理後は冷蔵庫で保管し、1か月を目安に飲みきってください。
常温で長期保存する場合は、煮沸消毒した密閉容器※に入れ替え、フルーツが液体に完全に浸るように分量を調節してください。
常温保存の場合は、異物が浮いている、味やにおいが悪くなったりしていないことを確認しながらお飲みください。
※付属のガラスボトルとガラスボトルふたは密閉容器ではありません。
A
ツインバードのオンラインストアでご注文いただけます。下記リンクからご注文をお願いします。
【オンラインストア 部品・消耗品のご注文】
また、掲載の部品・消耗品は製品をご購入いただいた販売店(家電量販店等)で
お取り寄せいただける物もございます。お取り寄せの可否、送料については販売店にご確認ください。ご注文いただく前に、必ず製品の「品番」をご確認ください。
お持ちの製品と異なった品番でご注文いただいた場合、ご利用いただくことができませんので、
ご注意くださいますようお願いいたします。(※品番は、取扱説明書の表紙、及び製品本体の定格シール内に表記されています。)
部品についてご不明の点がありましたら、お客様サービスまでお問い合わせください。

別売品について
Q
【他】フルーツビネガーを作った後の果物は食べられますか?
Q
【他】調理時間が24時間で済む理由は?
Q
【他】フルーツビネガーは、どのくらいの量をいつ飲めばいいですか。
Q
【他】通電ランプが青色とオレンジ色に交互に点滅しています。
A
食べられます。酸味がありますので、蜂蜜を掛けて食べたり、砂糖を入れてジャムにするなどのアレンジがお勧めです。
A
通常、常温で1週間~3か月かけて果物のエキスを抽出させますが、熱を加えることで抽出を早める
A
食後に毎日大さじ1~2杯を、炭酸や牛乳、お湯などで薄めてビネガードリンクとして飲んだり、ドレッシングの材料としてのご利用をお勧めします。空腹時の接種は胃腸や内臓に負担を掛ける恐れがあります。また高濃度のお酢の摂取は歯が溶ける恐れがありますので、ご注意ください。
A
エラー表示です。
電源プラグをコンセントから抜いて、再度コンセントに差し込みなおしてください。
それでも復帰しない場合は、故障の恐れがあります。お買い上げの販売店か【お客様サービス】までご相談ください。
Q
【他】うまく出来上がりません。どんな点に注意すればいいでしょうか?
Q
【他】調理中24時間経過していないのに通電ランプがオレンジ点滅になりました。
A
①新鮮な具材を使用しましたか?
→新鮮な具材を使用してください。
②ガラスボトル・ガラスボトルふたは煮沸消毒しましたか? 
→雑菌による腐敗の恐れがありますので、取扱説明書5ページを参照し、
 煮沸消毒してください。
③通電中に本体カバーを外していませんか?
→本体カバーがないと、温度が保てません。カバーを付けてお試しください。
④温度が高くなる場所(ストーブの近く)や直射日光があたる場所で使用していませんか?
→この製品は5~35℃の温度範囲で使用するように設計してあります。
 温度が高い場所、または低い場所で使うとうまく出来上がりません。
 5~35℃で直射日光が当たらない場所で使ってください。

ガラスボトル、フタ沸騰消毒
A
調理中に停電もしくは、電源プラグがコンセントから抜けたりしませんでしたか?
材料に異常がないことを確認し、START/CANCELボタンを押して、再度、調理を開始してください。
家電のお困りごと募集中